残業代を請求しよう

看護師の方は、「残業をしても残業手当がつかないのが当たり前」と思っている方も多いと思います。残業代も出ないのに、毎日のように残業をするというのは精神的に負担が大きいですよね。「せめて残業代が出ればもう少しモチベーションも上げられるのだけど」と思っている方もいるでしょう。
実際のところはどうなのでしょうか。看護師の方の多くは、「残業代は出ないもの」と思っているかもしれませんが、残業をしたのであれば残業代を請求する権利があります。しかし、多くの方は「残業はどこでもあるだろうし、請求なんてしてしまったら今後働きにくくなる」と感じているはず。そもそもこういった環境、病院体質が問題となります。残業代が出ないのであれば、残業しなくても業務が進められるような環境作りをするなど、働きかけることが必要となります。仕事をするというのは、働く側にとっても環境維持を求めることが出来ますからね。残業代に対しての不満は他の看護師の方も同様に思っているでしょうから、看護師全体で部長や看護科長などに訴えてみると良いでしょう。それでも改善を見込めない場合には、こういった職場にこだわらずもっと環境の良い職場へ転職する方法もありますから。
このように、看護師の残業も残業代を請求する権利があります。「残業代さえ出れば」と思っている方は同僚と一緒に上の人へ訴え、環境改善を行っていくことも大切となるでしょう。こうして働きかけることで残業が無くなる可能性もありますし、残業代が支払われる様になる可能性もあります。働いた分はしっかりと支払ってもらうというのは当たり前ですからね。「残業代なんて出ない」と諦める必要はありませんよ。もし、どうしても残業代を請求するのは嫌だという方は残業をしなくて済む方法を身に付けておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です